1919年   8月 専売局より塩業整備を主とする海陸全般の運送事業を目的として承認を受け、資本金200万円にて設立。本社を神戸に置き、原友巳会長就任。
1934年   3月 資本金150万円追加。
    5月 東京出張所設立。
1945年   2月 資本金を300万円に増資。
    11月 下記のとおり機帆船を購入。
 徳島地区/15隻 2,350トン
 坂出地区/16隻 1,300トン
1949年   6月 3,000トン級生田丸竣工。
1950年   3月 資本金700万円増加。
    5月 本店を神戸から東京に移転する。
1952年   12月 資本金を3,000万円に増資。
1954年   5月 資本金を6,000万円に増資。
1957年   5月 資本金を9,000万円に増資。
1960年   11月 資本金を1億3,500万円に増資。
1961年   11月 臨時株主総会にて前年3月をもって塩業整備が終了したため、
当社の事業目的を下記の通り変更。
1、 塩回送を主とする海陸全般の運送及びその取扱業務
(1)通運事業  (2)貨物自動車運送業
(3)海上運送事業 (4)港湾運送儀事業
(5)前各号以外の貨物運送業及び運送取扱業
2. 倉庫業
3. 塩包装材料の売買
4. 物品委託売買、保険及び物品運送代理業
5. 土地、建物、船舶の賃貸借
6. 前各号に関する事業
1966年   7月 新資本金1億7,550万円となる。
1971年   3月 総支配船腹42隻5,500トン(9,200重量トン)となる。
      新資本金2億1,937万5,000円となる。
1974年   4月 資本金を2億2,736万2,500円とする。
1975年   1月 資本金を2億9,089万1,250円とする。
      海陸一貫パレチゼーション輸送開始。
1977年   4月 資本金を3億7,815万8,600円とする。
1979年   4月 資本金を4億1,597万4,450円とする。
1990年   6月 代表取締役社長に沖 仁就任。
    11月 社有船しおじ二世(499G/T)進水。
1991年   5月 小名浜支店芳浜倉庫1号・2号(計1,760m2)が認可を受け営業倉庫としてスタート。
1993年   2月 社有船ひので(499G/T)進水。
1994年   3月 社有船うしお(192G/T)進水。
1995年   3月 札幌市と共同事業で水産物・保冷配送センターを建設、営業開始。
1996年   2月 社有船しおかぜ(199G/T)進水。
1997年   3月 神戸当社私有地にマンション完成、開業。
3月末をもって塩専売制度廃止。
2002年   9月 社有船わかばの代替船としてわかば二世(573G/T)進水。
外航船事業部門としてソルトラインを発足し、
わかば(現WAKABA)を投入。
2004年   4月 外航船AOBA投入。
    8月 外航事業の更なる発展・充実のため、中国青島事務所ならびに韓国ソウル支店設立。
2007年   2月 外航船N.S ESPERANZA投入。
    6月 代表取締役に松浦 栄一就任。
2009年   6月 店舗事業部「廻船呑屋」神田北口店オープン。
    9月 外航船ZENITH SEOUL進水。
    11月 社有船のぞみ(498G/T)進水。
店舗事業部「廻船呑屋」表参道店オープン。
2011年   4月 店舗事業部「廻船呑屋」日本橋人形町店オープン。
    6月 店舗事業部「廻船呑屋」目黒西口店オープン。
2012年   7月 内航船しょうりゅう(299G/T)進水。
2013年   6月 代表取締役に竹内一之就任。